【新卒&中途向け】エントリー・応募する製薬会社の探し方

新卒時の就職活動や中途採用の転職活動において、
エントリーや応募する製薬会社の探し方を解説します。
製薬会社に就職したいものの、
「具体的にどの会社にエントリーしたらいいか分からない」
「どんな製薬会社があるか分からない、調べ方も分からない」
という方のために、製薬会社の調べ方を解説していきます。

エントリーや応募する製薬会社の探し方は次の2つがあります。

1.就活サイト・転職サイトに登録して探す【新卒&中途向け】
2.業界団体から探す【新卒向け】

順番に説明します。

1.就活サイト・転職サイトに登録して探す

就職活動や転職活動はサイトに登録してから始まると言っても過言ではないぐらい、
応募先企業の探し方としては王道的な手段です。
ただ、サイトに登録して探すやり方も完璧ではなく、次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット:
・登録サイトで「製薬会社」と入力して検索したら数多くの会社が出てくるため、検索が楽
・転職サイトの場合、エージェントが個人の要望にマッチする求人を提供してくれる
また、エージェントに提出書類や面接の対策をしてもらえる

デメリット:
全ての製薬会社がサイトに登録されているわけではないので、登録サイトだけでは網羅できないことがある

上記のメリット・デメリットを踏まえた上で、就活・転職サイトに登録しましょう。
具体的にどのようなサイトがあるのか、紹介していきます。
以下から好みに応じて登録したら良いと思います。

【新卒向け】リクナビ

【新卒向け】マイナビ

【新卒向け】外資就活ドットコム

外資系企業や日系一流企業への就活にフォーカスしたサイトです。
外資系製薬会社を志望する方は登録をオススメします。

【新卒向け】みんなの就職活動日記(みんしゅう)

企業ごとにページがあり、選考に関する口コミや面接での質問事項等確認できるサイトです。
ただし、ガセネタを投稿する人がいるため、情報の鵜呑みは禁物です。

【中途向け】JAC Recruitment

私がメガファーマへの転職活動をしていた時にサポートして頂いたサイト(企業)です。
JACの活用談はブログにて詳しく書きますが、下記のような強みがあります。

  • ヘルスケア業界専門のチームがあるらしく、製薬会社への転職に強い
  • 登録も転職サポートも無料
  • 特に外資系企業への転職に強い(=外資系製薬会社の求人をたくさん持ってる)
  • 提出書類や面接対策が非常に手厚い(face to faceで対策をやってもらえる)
  • 製薬業界を志望する業界未経験者(病院や薬局薬剤師など)のサポートもする

「製薬会社への転職を検討している人」「外資系製薬会社を志望する人」
「製薬会社に転職したい業界未経験者(病院薬剤師や薬局薬剤師など)」
は登録をオススメします。

【中途向け】リクルートエージェント

実際に私が登録しているサイト(企業)です。
体験談はブログで詳しく書きますが、下記のような強みがあります。

  • 求人数が非常に多い
  • 非公開求人が多い
  • サイトに登録すると、企業からスカウトが来ることがある(プチヘッドハントと私は呼んでます。これはリクエーの強みだと思います)
  • 大手ゆえの安心感(最大手なので登録して間違いはないですね)

転職業界の大手企業なので、安定感をもって転職をサポートしてもらえています。

【中途向け】マイナビ薬剤師

製薬会社への転職を考える薬局薬剤師あるいは病院薬剤師向けの転職サイトです。

  • 薬局薬剤師・病院薬剤師向けの求人・サポートが充実している
  • 製薬会社を目指す現役薬剤師におすすめな職種である「薬事職」「学術職」「品質管理職」などの求人を扱っている

上記のJACとリクエーでもサポートはしてくれますが、
マイナビ薬剤師は薬局薬剤師・病院薬剤師の転職にフォーカスしているので、
製薬会社を目指す現役薬剤師にはマイナビ薬剤師がおすすめです。

前半のまとめ

就活・転職サイトは上記以外にもかなりたくさんありますが、
登録しすぎるとわけが分からなくなるため上記で十分だと思います。
新卒向けオススメ就活サイト:「リクナビ」「マイナビ」「外資就活ドットコム」「みんしゅう」
中途向けオススメ転職サイト:「JAC Recruitment」「リクルートエージェント」「マイナビ薬剤師」
ただ、特に新卒は就活サイトだけでは不十分ですので、
次に業界団体のページを活用する方法を解説します。

2.業界団体から探す【新卒向け】

続いて、新卒の方向けに業界団体のページを活用してエントリー先企業を探す方法を解説します。
就活サイトだけでは不十分である理由は、
「全ての製薬会社が就活サイトに登録されているわけではなく、
登録されていない製薬会社もあるから」
です。

また、製薬会社での募集人数はどの職種も少ないため、うまく内定をもらえるか分かりません。
就職活動がうまくいかなかった場合、
就活サイトでのエントリーだけだと全滅してしまう可能性があります
そのため、就活サイトに登録した上で
業界団体からエントリー企業をたくさん探すことを老婆心から強くおすすめします
実際に就活サイトでのエントリーが全滅している人をたくさん見てきました。
個人的な意見ですが、製薬会社への就活は十分なエントリー数が非常に重要だと考えています。
多ければ多いほど良いでしょう。ご自身のリソースが許す限り、エントリーすると良いと思います。

探し方は
各業界団体のページにアクセスする
会員会社一覧を参照する
③必要に応じてエントリーする
です。

下記に、製薬会社の業界団体だけでなく、医療機器化粧品の業界団体も掲載しています(老婆心から)。
医薬部外品の業界団体はないようです(あるかもしれないが探しきれませんでした)。
医薬部外品メーカーはご自身で検索して探して下さい

製薬会社(製剤メーカー)の業界団体

製薬協(せいやくきょう)は、「新薬(研究開発志向型)メーカーの業界団体」です。

  • 日本ジェネリック製薬協会

日本ジェネリック製薬協会は、「ジェネリック医薬品メーカーの業界団体」です。

  • 日本OTC医薬品協会

日本OTC医薬品協会は、「一般用医薬品(OTC)メーカーの業界団体」です。

臨薬協は、「検査薬(体外診断用医薬品)メーカーの業界団体」です。

製薬会社(原薬メーカー)の業界団体

日本医薬品原薬工業会は、「原薬メーカーの業界団体」です。

受託系会社の業界団体

  • 日本CRO協会

日本CRO協会は、CROの業界団体です。
CROとは、「Contract Research Organization」の略称で、医薬品開発受託機関のことです。
つまり、製薬会社より医薬品の研究開発業務(研究や臨床試験)を受託しています。

  • 日本CMO協会

日本CMO協会は、CMOの業界団体です。
CMOとは、「Contract Manufacturing Organization」の略称で、医薬品製造受託機関のことです。
つまり、製薬会社より医薬品の製造業務を受託しています。

  • 日本CSO協会

日本CSO協会は、CSOの業界団体です。
CSOとは、「Contract Sales Organization」の略称で、医薬品販売業務受託機関のことです。
つまり、製薬会社より医薬品の営業業務を受託しており、
コントラクトMRと呼ばれるMRを製薬会社に派遣して営業活動等を代行しています。

医療機器メーカーの業界団体

日本医療機器工業会は、医療機器メーカーの業界団体のうちの1つです。

化粧品メーカーの業界団体

  • 日本化粧品工業連合会

日本化粧品工業連合会は、様々な化粧品メーカー業界団体の連合会です。
東京化粧品工業会と西日本化粧品工業会、中部化粧品工業会から構成されています。

以上、就職活動に活用してもらえると幸いです。

参考記事:

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る