研究職

研究職の概要や主な仕事内容、年収について解説します。

「研究職」の概要

研究職は、文字通り医薬品に関する研究を行う職種です。
研究職は薬の種となる物質を探したりそれを製剤化する研究を行います。
臨床試験開始までの段階が研究職の業務範囲であり、
その後は臨床試験を担当する開発職にバトンタッチします。

また、研究職のR(Research)と開発職のD(Development)を合わせて
「研究開発職(R&D)」と呼んだりします。
ただ、研究職と開発職は業務内容の異なる職種であることに気をつけて下さい。

R&Dは製薬会社の花形の職業であり、薬学部に限らず理系学部の学生から人気があります。
全国の理系学部の優秀な学生が殺到するため、倍率・就職難易度はとんでもないですね。
特に製薬会社の研究職になるための就職活動は、
大学選び・研究室選びの段階から始まっていると言っても過言ではないと思います。
良い大学の良い研究室で有用な研究スキルを身に付けることが重要です。

主な仕事内容

  • 創薬研究 - 新薬の種となるような候補化合物の探索・創製を行います。
  • 製剤化研究 - 医薬品の有効成分が有効的に体内に取り込まれるような製剤設計や医薬品の安定性を保持するための包装設計などを研究します。(例:剤形としては錠剤、カプセル剤、注射剤のいずれが適しているのか等)
  • 工業化研究 - 創薬の段階における候補化合物は少ない量(ミリグラム単位など)で合成されます。そのため、世の中に供給するために大量生産する手法や製造方法について研究します。

年収

  • 非管理職:600万円~1000万円
  • 管理職 :1000万円~1800万円

勤務地

  • 研究所

求められる知識・経験・スキル

  • 研究スキル
  • 論文の読解力
  • 英語能力(reading,writing,speaking)

 

参考記事:


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る